EmpressEnergyEcstasy

EmpressEnergyEcstasyについて

エンプレスというアダルトゲームブランドとDMMがコラボしたという本作はこれまでのエンプレスのゲームに登場したヒロインが総出演するRPGゲームです。

先ずゲームを初めて思ったのがイラストのクオリティが高いということです。

この高いというのは文字通り、女性の身体を細部までこだわって描いているということになります。というのもエンプレスの聖少女先生という人気イラストレーターがガチで描き下ろしているために高いクオリティを維持できていると言われています。

さて、ゲームのストーリーですが、近未来に禁忌によって生み出されたイレギュラーなるものによって人類はピンチになります。そんな中、女性だけが扱える能力兵器が対抗手段となり、それを主人公となるプレイヤーが発動させる特異能力者という設定です。

設定に関していえばありきたりで特に特徴はありません。一方ゲームシステムはDMMにありがちなゲームシステムになっています。そういうところも踏まえてもグラフィックやエロシーンに期待するしかありません。

そこで重要になるのがヌキ要素なわけですが、グラフィックのクオリティからして本当に素晴らしいです。しかもフルボイスで収録されているので抜けます。

ただ、フルアニメーションとかではないので、動くエロノベルゲー的なものをボイス付きでやっている感覚になります。エロゲーブランドが元となっているだけあって、ハードな内容もあるので、エロさに関しては高く評価できます。

EmpressEnergyEcstasyのココが凄い

本格的なエロゲーブランドのゲームを無料で楽しませてくれるところが凄いです。

本来ならお金を払ってするものですから、あえてそれを有料課金ありの基本プレイ無料ゲームとして開放すること自体が個人的には狂気じみたサービスだと思いました。

聖少女先生のイラストは好みは分かれますが、お金のとれるものだとは誰から見てもあきらかです。

そういうものを無料化したところにEmpressEnergyEcstasyというゲームの凄みを感じました。

EmpressEnergyEcstasyの改善点

ゲームシステムに何か先ずは工夫があると良かったなと思います。ど派手なエフェクトかけてもいいですし、カードをコレクションしてでもいいですが、ありきたりのブラウザゲームではせっかくのグラフィックの美しさが台無しだと感じました。

せめてあのイラストでのフルアニメーションでも一部用意してあれば、もっと評価はあがったかもしれません。

EmpressEnergyEcstasyの評価とまとめ

抜き要素としての評価はグラフィックやボイスなどを考慮して高いほうだと思います。

一方、ストーリーやゲームシステムはあまり正直言って面白くありません。コンセプトもよくわかりづらいのですんなりは入っていけないと判断しました。

エンプレスさんが用意しているコンテンツが悪いというわけではなく、このゲームを開発したスタッフが手を抜きすぎたのかなと思います。これだけのグラフィックですからそこに頼ってしまうのはわかりますが、できればそこにも力をいれてほしかったというのが正直な感想です。

こちらもご覧くださいませ(・∀・)