AVベースボールをレビュー

好きなAV女優で打線が組める!?野球好きとAV好き必見のブラウザゲーム

プレイをはじめてみると先ずは、キャプテンとマネージャーを選択します。この辺りは普通に野球のコスプレをしたAV女優さんたちなので別に言うほどエロさなどは感じません。

そこまでAVに詳しくない人からすれば名前の知らない女優さんが多いという印象ですので、AVファン向けというわけではありません。それでもマネージャーの中に湊莉久さんがいるので完全に無名ばかりというわけでも無さそうです。

ゲームを進めていくと典型的な野球のブラウザゲームといった感じで、選手をガチャで集めてそれを強化して試合させて…という具合からするに、ゲームのプログラムそのものは一般的なプロ野球のものと変わりません。

当然と言えば当然ですが、ゲームのシステムに関しては斬新というものは一切使用していないので良い意味で言えば無難ですし、悪い言い方するとありきたりと感じるかもしれません。

それでもゲームを進めていくと勧誘できる女優のレベルも質もあがっていくので、やり込めば本当に好きな女優だけでチームを結成するなんてこともできそうですね。そのあたりは野球とAVの両方が好きという大人心をくすぐる世界観のつくりになっていると言えます。

AVベースボールはココが凄い!

何と言ってもこの作品の売りは、野球とAVという異色のものを掛け合わせているという斬新さと大人になった野球少年たちが抱くであろう裸で女子が野球をしているといった妄想の手伝いをしているところです。

ユーザ側からすればプレイしていくうちに自分の好きな女優がどんな能力でどんなレアリティでどんなリアクションをとるのかということに惹きこまれていきます。

自然にAV女優を集めることに関心を抱くという部分にはやりこみ要素を感じざるを得ません。野球ファンからしてもAVファンからしても無難な定番ゲームといった感じでしょう。

エロ要素の少なさが難点か!?ゲームそのものに面白さが無い。

AV女優を使っておきながらエッチなイベントシーンが少ない。これでは普通の野球ゲームをしているのと何ら変わりないという人間もいるだろう。

恐らく制作サイドからすれば、野球とAVという斬新な組み合わせでというところに満足してしまって両ファンを納得させるために動いた結果。このあたりが落としどころとなったのではないかと推測できる。

下手をすれば規制はかかるだろうが、野球道具を使ってのお仕置きシーンなどを盛り込むとユーザのフェチ度を刺激するのではないかと言えるかもしれない。二番煎じとして続編が出る可能性も否定できないので次回作にはそこを期待したい。

AVベースボールの評価とまとめ

暇つぶし程度にAVと野球の両方に興味のあるユーザにはおすすめできるゲームです。

コンセプトは斬新ですがそれを活かしきれていない制作サイドが残念でなりません。

自分でポジションなどをカスタマイズできるので、どの女優をどのポジションで何番打者にするのかなど、考えて組むことができるので自分だけのチームがつくれるというところに関する満足度は高いかもしれませんね。

チュートリアルなどは真剣に読まなくても、簡易に遊べるのでスキップして遊ぶことを推奨します。

こちらもご覧くださいませ(・∀・)