聖クレアトル女学園(魔法科)

聖クレアトル女学園(魔法科)について

DMM初の3DアクションRPGということで、これまでにないゲームシステムと操作性は斬新だと感じました。2Dに慣れている人には抵抗はあるかもしれませんが、重厚感ある美少女たちの姿を見られるのは好きな方にとっては待ち望んでいた作品ではないでしょうか?

ちなみに本作はPCとアンドロイド専用のゲームで、アイフォンなどではプレイできないのでその辺りはご注意ください。PCでプレイする場合はブラウザでもプレイできますが、グーグルクロームなどには対応していないので注意は必要です。←現在、対応しています。

さて、ゲームシステムですが、3Dアクションを売りにしているだけあってこの要素が先ず目につきますが、全体的に見てみると2Dの部分も多く、全編3Dとまでいきません。このゲームの3D要素として取り入れられているのがウィップ討伐という機能で、ホーム画面で雑魚敵を蹴散らして経験値を稼ぐというものになっています。確かにこのあたりは臨場感もありますし、爽快でした。

ただ、期待していた以上には3D要素は少なく、エッチなシーンも2Dの部分が多いのでそのあたりは残念でした。ヌキ要素に関しては、フルボイスフルアニメーションでかなりエッチな内容になっているのでヌケます。

ただ3Dを売りにしてエロゲーを作るのならこの部分も3D化しなければそれ目当てのユーザは納得しないでしょう。個人的には2Dが好きなのでヌキゲーとしても高く評価します。

聖クレアトル女学園(魔法科)のココが凄い

やはりDMM初の3DアクションRPGという点、そこに挑戦したことを高く評価したいと思います。どうしても3D要素を売り物にしてエッチなゲームを作っても手間だけかかってヒットをしないなんてこともありえます。というのもエロゲと3Dはある意味ミスマッチングと言えるからです。これはプレイするユーザ側が馴染みが薄いからということかもしれません。そういう部分に挑戦していったことを評価したいと思います。

聖クレアトル女学園(魔法科)の改善点

宣伝や前評判とプレイしてみたときのギャップに残念だったユーザもいるはずですので、やはり、全編フル3DCGで作ってほしかったと思います。この辺りがしっかり作られていれば良かったのにと思いました。

聖クレアトル女学園(魔法科)の評価とまとめ

ゲームシステムは面白いですし、ヌキ要素も良かったです。ただ、ヌキ要素は表向き宣伝しているほど多くはないように感じました。

これはきっとプレイしたユーザならば誰しもが感じることだと思います。エロ目的できてしまうとその少なさにがっくりしてしまうかもしれません。ただ、ゲームとしては面白いですし、他のDMMゲームで遊んでいた人からするとシステムは斬新です。興味のある方は遊んでみることをおすすめします。

こちらもご覧くださいませ(・∀・)