神姫PROJECT R

神姫プロジェクトRを徹底分析

前作に比べてクオリティは格段にアップ!?魅力的な世界観でプレイヤーの意欲が急上昇!

DMMアダルトには基本プレイ無料のアダルトゲームが数多く存在していますが、中でも口コミなどでも良い評判を集めているのが今回紹介する神姫プロジェクトRです。

元々は神姫プロジェクトというゲームが前身となっていて、いわゆるシリーズものなんですが、前作でも少し遊んでみましたが、今作は格段にクオリティがアップしているように感じました。

ストーリーはいわゆるファンタジー系の典型的な作品です。魔法や神、悪魔などといった幻想的な世界観を現実と織り交ぜて展開していきます。

この世界の中では人間と、悪魔や神の立ち位置を神姫というひとくくりに変えられてしまうという点は物凄く面白いと感じました。言い換えれば人間も神も悪魔も神姫になり得る存在であって、確率は違えど似て非なるものというあたりが設定としては好ましいです。

ゲーム性に関しては、この手のブラウザゲームにありがちなRPGとバトルを融合したような構成になっている。

近年、流行しているスマホのソシャゲなどにみられるバトルシステムを導入している。グラフィックそのものはエロシーンも戦闘シーンも高く動きが細かく速いためにPCでのプレイを推奨する。

もちろんスマホでもプレイ可能だが、このゲームを楽しむのならPCのほうが3倍は楽しめるといっても過言ではないと言い切れます。

神姫プロジェクトRのココが凄い!

何といってもこの作品の凄さは、基本プレイが無料であるにも関わらず、グラフィックのクオリティが高いということにつきるだろう。

CG関係はさることながら、一体何人のグラフィッカーを採用しているのかを思わず知りたくなるほどの質とボリュームがある。

単にアダルトゲームだとか、いわゆるヌキゲーだと思ってはならない。

神姫プロジェクトRはれっきとした高クオリティソーシャルゲームであり、むしろアダルト面がおまけなんじゃないかと勘違いしてしまうほどです。

ただ、アダルト面もこれだけのキャラクターとプレイヤーの趣味や趣向に沿った体位などの数を考えれば無料で遊べるアダルトゲームの中ではトップクラスといっていいでしょう。

神姫プロジェクトRはシナリオがありきたりというか稚拙かもしれない。

グラフィックのクオリティが高いのとは裏腹にシナリオは手抜きなんじゃないかと思うくらい稚拙な文章が羅列しているw

バトルシーンやイベントCGに凝っている分、この部分が手を抜かれていると感じることが残念でならない。否定というよりも今後の作品への期待を込めてそう感じてしまう。

予算の関係上仕方がないかもしれないが、質の高いライターや人気声優を取り込むことができればさらに良くなるのではないかと感じますね。

神姫プロジェクトRの評価とまとめ

アダルトゲームのライトユーザーにはおすすめできるゲームです。世界観は素晴らしいですが内容が薄いのでストーリーメインでゲームを楽しみたいユーザには不向きかもしれません。

グラフィックはエロシーン、バトルシーン共に高いクオリティを出してると思うので遊ぶ際はボイスの入っていないストーリーの部分はスキップして遊ぶほうが良いかもしれません。

ガチャなどもありますが、基本的には無課金で入ってみたほうがいいです。それでも十分、遊ぶことができます。

こちらもご覧くださいませ(・∀・)