恋する書店~エッチ♪

恋する書店~エッチ♪について

ゲーム詳細・感想

書店経営SLGかと思いきや、探索やバトルも入っている。書店経営と学校探索を交互に進めていくとゲージが溜まり、半強制の戦闘パートに突入する……というサイクルになる。

さらにはストーリー進行も、ダブル主人公でのザッピング展開を採用している。ただし、第二主人公はガチャ入手しないと解禁されないけれど。

ゲームともしてもシナリオとしても楽しませようという意欲が窺える。ストーリー的にヒロインポジっぽい先輩がなかなか魅力的。

恋する書店~エッチ♪の良いところ

女性キャラがボイス付き。チュートリアルがきちんと作ってある。

最初に出てくる女性キャラが、ちょっと癖はあるけど可愛い。

経営、探索、戦闘、ストーリーにキャラ要素と、沢山の要素を楽しめる。

好みの分かれるところだろうけど、戦闘シーンの音楽が荘厳で耳に残る。

エロシーンはフルボイスかつ微アニメーションで頑張っている。

恋する書店~エッチ♪のイマイチなところ

バックログが使いづらい。普通のバックログでいいのに…。あと音量調整だとかの設定が欲しかった。

PCだと画面が小さい。経営パートは設置する棚や仕入れる本の種類を決めたりする楽しさがあるけれど、経営ボタンをクリック連打になるのは飽きる。

探索パートは、手探りで行ったり来たりすることになる。楽しめるかは微妙。

戦闘パートは戦闘になるまでの進攻パートが、ただのクリック連打。なくても良かったのでは?立ち絵にも、戦闘用の険しい顔のものがほしかった。

ストーリーを進めていくためにはキャラの強化が必須で、そのためには強化剤を集める必要がある。これはガチャ入手が現実的なので、ストーリーを見るなら課金はまず必須。

また、エロシーンもキャラ強化しないと解放されないので、こちらも見たいなら課金必須。

もしこうだったら…と思った点

経営・探索・戦闘のサイクルで物語が進んでいくという全体的なデザインは面白いと思うのだけど、個々のパートがいまいち単調。とくに探索と戦闘は改善の余地が大有り。クリックする以外のゲーム性が欲しかった。

全体を通しての感想

色んなゲーム性を組み合わせて、少しずつストーリーを進めていき、謎が解明されていく…という全体のデザインは良いと思う。

個々のゲーム性についてもっと作り込まれていれば…と残念に思う。

とりあえず無課金でだらだらゲームを進めて、もっとストーリーを知りたくなったり、エロシーンを見たいキャラと出会ったりしたら課金ガチャを回してみればいいかと。

採点

無課金でも楽しめるか否か:6.5点

課金しないとストーリーが解放されにくそう。そこを気にしなければ無課金でも。

エロさの度合い:7.5点

絵柄の好みはあるだろうけど、声と動きが付いているのが良い。ただし、見るなら課金はまず必須。

ゲーム性(中毒性):6.5点

三つのゲーム性を組み合わせているのが独特。もっと洗練させられそうではある。

ストーリ性:7点

一から順番に見せるのではなく、謎をバーンと提示してから解明させていくシナリオのようなので、序盤だと投げっぱなしに感じるかもしれない。

キャラ性:7.5点

ストーリー付きのキャラはわりと良い。それ以外のキャラがひたすら量産キャラで、なんか勿体ない。

総合点:35点

経営・探索・戦闘のサイクルで成り立つゲーム性に、ダブル主人公で次第に謎が解明されていくストーリー展開を合わせるという、なかなか意欲的なゲーム。エロシーンも頑張っている。しかし、個々の要素についての洗練が足りていないようにも思う…けど、しばらくプレイしていると、その野暮ったいところが逆に魅力と思えてくるかも!?

こちらもご覧くださいませ(・∀・)