好き好き大好き!

好き好き大好き!について

どんなゲーム?

あらすじ
ラバースーツが大好きな主人公は、亡くなった祖父の廃工場を管理する事になり、想いをよせていた女の子を拉致監禁する。周囲の女の子たちの言動に振り回されたり疑心暗鬼になりながら、堕ちるところまで堕ちていく…という物語。

良いところ

このゲームの良いところ
  • キャラクターの言動が自然で、心理描写の質が高い。他のテキスト部分も丁寧に書かれている。
  • BGMはどこか不気味さがあり、シナリオに合っている。
  • 11種類のエンディングがあり、1つ1つの尺が程よいのでコンプリートしやすい。
  • 悪いところ

    ここがイマイチ…
  • バックログがない。
  • 操作がマウスによるクリックのみ(キーボードのEnterなどによるクリックやホイールなどは使えない)。
  • ヒロインの発言でも、地文の場合はボイスが無い。セリフが他のゲームに比べて少なく、ボイスの立ち位置がオマケ程度という印象がある。
  • 立ち絵とイベントCGで雰囲気が変わる(イベントCGの方が全体的に幼く見える)。
  • 主人公の妄想上のHシーンと実際のHシーンのCGの差が無い。
  • 改善点

    改善要望
  • ヒロインの発言にキチンとボイスを入れる。特に悲鳴などはしっかりと入れておけば、より不快感の増したものになり作風が活きる。
  • テキスト表示途中にクリックを押すと多くのゲームが一瞬で一文表示されたり次の文に移るが、このゲームはテキスト表示途中のクリック操作を受け付けないので設定でクリック操作の受付可否を選択出来るようにすれば、流し読みしたい人も疲れる事なくプレイできる。
  • 妄想時のCGはセピアにしたり主人公の妄想に合わせてCG切り替え方を変えるなどの表現がある方が妄想らしさが出る。
  • キャラによっては小柄な少女とテキストにあるのに画面の天辺まで立ち絵が描かれているので、各キャラクターの身長をおおよそで良いので設定して、設定に合わせた立ち絵描写にすれば小柄さが出る。
  • どんな人におススメ?

    こんな人におすすめ
  • 絵柄が古いので、懐古主義な人には合っている。古い絵柄に耐性の無い人の中は受け入れられない場合がある。
  • テキストがキャラクターボイスの無い頃のゲームに近いので、ボイス重視の人は物足りない。
  • ハイライトのない瞳(俗に言うレイプ目)が好きな人はシーンも合わせて堪能できる。
  • セーブさえ忘れなければ良いため、クリア難易度自体は低い。なのでゲームそのものに慣れておらず、フラグうんぬんは面倒という人に向いている。ただし多くのゲームの中でも変わったもののため、アダルトゲームに不慣れな状態で何となく触るのは薦められない。
  • 内容は陰湿かつ過激なので、最近のゲームは甘くて物足りないと感じている人におススメ。
  • 評価

    グラフィック 4.0/10.0
    サウンド・ボイス 4.5/10.0
    エロティック 6.0/10.0
    ストーリー 8.0/10.0
    キャラクター 8.5/10.0
    ゲームシステム 3.0/10.0
    総合点 34/60.0