千年戦争アイギスR

千年戦争アイギスRについて

魔物からのタワーディフェンス後に繰り返される愛の秘め事

魔物に滅ぼされた世界で亡国の王子となって世界を救おうとする主人公という設定から「何かがこれからはじまる!」というワクワクとドキドキに胸が躍ります。

それに、これはアダルトゲームなのでエッチな要素もあると思うとプラスでドキドキしますねw

ゲームではクエストを基本的にはプレイしていきます。

クエストでは次々と攻め入る魔物を自分の組んだデッキで攻撃しながら守り抜きます。

タワーディフェンスとは防衛を意味するゲームで…魔物に攻め込むというよりは「魔物から守り抜く」という感覚が他には中々ない特徴です。

クエストそのものは最初のうちはいいのですが、スピードアップ機能を使っても進行が遅く、正直イライラしました。

AUTO機能でもあったら話は別ですが、探したところ見当たらず、手動でポチポチし続けなければならないのは少し苦痛に感じます。

それでもエロシーンのためなら頑張れるってことでクエスト終了後に手に入れたアイテムを女の子にプレゼントすることに…。

花束をプレゼントするとエロシーンがはじまりますが、ボイスなしなのでちょっと物足りない…。(;´∀`)

ただ、シナリオはエロいし、グラフィックもそれなりには綺麗だし、キャラクターデザインも悪くはない。

ただ、このシーン見たさにこの作業を繰り返すとなると個人的にはナシだなと思いました。

千年戦争アイギスRのココが凄い

懐かしさを感じるようなドット絵で展開されるバトルシーンは必見です。

オート機能がないのは残念ですが、このバトルシーンなしにこのゲームは語れないでしょう。

また、王子という設定上、女の子とのエロシーンでは女の子がかなり下から尽くしてくれるシチュエーションが多いです。

本物の王子になったと錯覚してしまいそうですねw

それから、男も落とすことができるという謎の要素があるのもこのゲームの特徴です。

やり込まなければわかりませんが、ホモ要素もあるんでしょうか?

オート機能をつけろとしかいいようがないというゲーム進行

エロシーンに関してもその他に関しても、ゲームの進行がすべてタッチやクリックで行われるのはいかがなものかと思います。

もちろん、そんな機能(オート機能)なくとも遊んでいる人がこれだけいるわけですから、いいじゃないかと言われそうですが、オート機能さえあれば「もう少し楽しめたのではないか?」というくらい、残念でなりませんでした。

千年戦争アイギスRの評価とまとめ

RPGを愛したセガサターンやスーパーファミコンの世代のプレイヤーには、懐かしいと感じさせるだけのものもありますが、今の世代に受けるかというと謎です。

エロシーンに関してもグラフィックはわりと満足する結果ですが、ボイスなしで抜けるかというと…そこは個人差もあるので、ヌキゲーとしても優秀とは言いづらいです。

ただ、じっくりプレイできる人にはおすすめできるので是非プレイしてみてください。

こちらもご覧くださいませ(・∀・)