モエかん

モエかんについて

どんなゲーム?

あらすじ
1つの大きな会社が世界を牛耳っている世界。主人公はその会社の情報課に所属し、世界を滅ぼす事が出来ると言われるほどの力を持ったエリートだった。本社の社員たちに英雄のような扱いをされていた主人公だが、上層部にとっては扱いづらい邪魔な存在だった。主人公の部隊が解体されたのを機に辺境の島の責任者として左遷する。力を失い左遷されても評判の落ちない主人公を失脚させようと上層部が企む中、主人公は使い物にならないほど古いアンドロイドを戦闘用に訓練するという変わった命令を下される。島で働く部下たちと関わりながら、会社の大きな思惑に巻き込まれる…という物語。

良いところ

このゲームの良いところ
  • ヒロインたちに王道な萌え要素がある。個性もあるので印象に残りやすい。
  • 組織の設定などが細かく設定されている。
  • ボリュームがあるが、各ヒロインのストーリーが全然違う為、作業感や飽きが無い。
  • ボタン1つで全てのゲーム内の音を消せるMUTEボタンがある。
  • セーブ時にコメントをつける事が出来る。
  • 悪いところ

    ここがイマイチ…
  • マウスホイールによる操作が無い(多くのゲームではテキストを進めたりバックログが開く)。
  • テキストに拘ろうとしている感じがする分、テキストの不自然な部分が目立つ。
  • 通過していないシーンを通過している前提で話を進める部分がある。一度もシーン通過していない人が見ると違和感を感じる。
  • おまけモードのCG鑑賞に一覧が無い為、1枚1枚クリックで見ないといけない。(見たいCGをすぐに見る事が出来ない)
  • アフターストーリーを除き、ヒロイン5人中、3人のHシーンが1つずつしかない。(メインヒロイン12シーン、残りのヒロイン6シーン)
  • バックログで音声の再生が出来ない。
  • 環境設定やバックログなどがダイアログなので、消す時は一々ボタンを押す必要がある。
  • 伏線が回収しきれていなかったり、シナリオが中途半端な部分がある。
  • 改善点

    改善要望
  • マウスホイールによる操作があると、プレイしやすくなる。特にバックログは右クリックかホイールによる取り消しが出来ると良い。
  • シナリオもプログラムも同人作品のようなノリなので、もっと話やシステムをはっちゃけたものにするか、商用として丁寧に作り上げる。
  • 通過していないシーンの話を、後のシーンのセリフなどに使うのであれば、シーンを共通部分にするかシーン追加時にセリフが変わるように組む。
  • メインヒロイン以外にも数シーンずつHシーンを増やす。
  • おまけモードのCGはキチンと一覧が表示されるように作り直すと、クリア後にストレスなく楽しめる。
  • どんな人におススメ?

    こんな人におすすめ
  • シナリオに力が入っており、読み物としてアダルトゲームをプレイする人に向いている。特に組織の陰謀とかに巻き込まれたり立ち向かう話が好きな人は十分楽しめる。
  • テキスト表示の形式が地の文とセリフで2パターンに分かれており、慣れるまでは違和感がある。また、全画面によってCGが隠れるのを苦手とする人には合っていない。
  • 女の子にやさしくしていないと前置きなくゲームオーバーになるので、セーブロードを小まめにする人に向いている。
  • 躍動感を出す為か、一部CGが漫画風(下絵風?)。ビジュアルを重視する人の中には肌に合わない人もいる可能性がある。
  • 選択肢が多い上に選択内容がヒロインルートを狙うのに分かりづらいものが多いので、何を選んだらどうなるかを覚えたりメモしてトコトンプレイする人に向いている。ノベルゲームを読み進めるだけなのに比べると時間がかかるので短時間でシナリオだけを読みたい人にはあまり向いていない。
  • 評価

    グラフィック 6.5/10.0
    サウンド・ボイス 7.0/10.0
    エロティック 5.0/10.0
    ストーリー 6.5/10.0
    キャラクター 7.0/10.0
    ゲームシステム 4.5/10.0
    総合点 36.5/60.0